メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

Jヴィレッジにアルゼンチン キャンプ地

2019年のラグビーW杯日本大会公認キャンプ地に内定した自治体

 2019年9月に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の組織委員会は20日、出場20チームが1次リーグ期間中に調整する公認キャンプ地について、22都道府県59自治体(共同応募を含む)の52会場が内定したと発表した。日本代表は東京都内2カ所と、試合会場に近い浜松市。日本ラグビー協会関係者によると、アルゼンチン代表が、11年3月の東京電力福島第1原発事故の対応拠点だったサッカー施設「Jヴィレッジ」(福島県楢葉町、広野町)などに滞在する見通し。

 Jヴィレッジは東日本大震災以降はスポーツ目的で活用されていなかったが、来年4月に全面再開を予定して…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文591文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです