メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レア ★★★

    グルメ ★★

    ようえん ★★★★★

    評価ひょうか写真しゃしん沼津港深海水族館ぬまづこうしんかいすいぞくかん最大さいだい★5)

    生息域せいそくいき 本州北部ほんしゅうほくぶやオホーツクかいなどふかさ100~600メートル

    体長たいちょう やく40センチメートル


     名前なまえに「サケ」とつきますが「サケ」との関係かんけいはなく、つめたいうみ深海しんかい生息せいそくするカサゴもくクサウオさかな仲間なかまです。

     さくらはなびらのような桃色ももいろからだでヒラヒラとおよ姿すがたうつくしく、うっとりとします。名前なまえは、つるっとしたあたまが「びくに」(仏教ぶっきょう世界せかい出家しゅっけした女性じょせいのこと)を連想れんそうさせることに由来ゆらいします。

     からだのほとんどがみず脂質ししつで、でさわるとくずれてしまいます。煮物にものにすれば、味付あじつ次第しだいでおいしくなりそう。ウロコがないゼリーじょうからだは、深海しんかいつよくかかる水圧すいあつながすためとかんがえられ、まさに「じゅうよくごうせいす」。人生じんせい参考さんこうになりそうです。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
    2. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
    3. 不適切投稿 裁判官懲戒、やむを得ず
    4. 不適切投稿 「最高裁決定にがくぜん」岡口裁判官が会見
    5. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです