メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ややパリには遠く~南仏留学記

フランス語の先生は移民だった

伝統の木組み建築が並ぶルーアンの町並み

 今月から、フランス北部のルーアンという町の語学学校に通っています。

 私の名前はハナヨといいます。

 外国人にとっては発音が簡単ではないようで、過去にはホナヨ、ハヤノ、ハナイオなどと迷走させました。日本の銀行窓口で「カヨさま?」と呼び出されたこともあります。

 しかもフランス語といえば、「H(アッシュ)を発音しない」ということが知られています。

 留学前、友人たちに「むこうではアナヨって呼ばれるね」と言われました。なるほどそういうものか、という…

この記事は有料記事です。

残り2261文字(全文2482文字)

久野華代

1983年三重県生まれ。東京外国語大学を卒業後、2006年に毎日新聞に入り北海道や東京で記者として働いた。日当たりの良いテーブルか、あたたかい布団で本を読むことが好き。寒い部屋ならルイボス茶をいれる。山菜採りも好き。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. ORICON NEWS 中居正広、3年半ぶり『ワイドナショー』出演 松本人志「変な感じ」
  4. リゼロ テレビアニメ第2期の制作決定 ティザービジュアルにスバルとエミリア
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです