メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神教育闘争

70年 学びの場、奪わないで 朝鮮学校保護者ら、訴え今も /大阪

朝鮮学校への公的助成を求め、大阪府庁前で声を上げる教員や保護者ら=大阪市中央区で、金志尚撮影

 在日コリアンらが民族教育を受ける権利を求め、当局による朝鮮学校弾圧に抵抗した「阪神教育闘争」から今年で70年になる。今も各地にある朝鮮学校だが、高校無償化の対象除外に象徴されるように、政治的圧力にさらされる構図は変わらない。教員や保護者らは「子供たちの学びの場を奪わないでほしい」と訴えている。【金志尚】

 「先生を続けたくても続けられない」「差別とは不当に区別すること。その先陣を切っているのが行政だ」

この記事は有料記事です。

残り820文字(全文1022文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 町田女性殺害 被害者は頭蓋陥没 頭髪から数ミリのねじ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです