メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

映画が映す日報問題 知りながら、なぜ派遣?=中島京子・作家

=内藤絵美撮影

 スピルバーグ監督の「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」を観(み)てきた。

 ベトナム戦争さなか、国防総省は詳細な戦況報告を作成し、この戦争には勝ち目がないという分析も行っていた。しかし、それを記した文書を、4代もの大統領が隠し続けた。

 この事実をスクープしたニューヨーク・タイムズを、時の大統領ニクソンは国家機密漏洩(ろうえい)の疑いで告訴する。ライバル紙ワシントン・ポストの社主キャサリン(メリル・ストリープ)と、編集主幹のベン(トム・ハンクス)は文書を前に、米国政府を相手取った、報道の自由を守る闘いを始めるか否かを迫られる。

 朝日新聞による財務省の公文書改ざんスクープを皮切りに、森友問題が再紛糾。毎日新聞、東京新聞、NHK…

この記事は有料記事です。

残り1427文字(全文1744文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見
  2. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  3. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  4. おやつカンパニー ベビースターラーメンアイス29日発売
  5. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]