メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

映画が映す日報問題 知りながら、なぜ派遣?=中島京子・作家

=内藤絵美撮影

 スピルバーグ監督の「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」を観(み)てきた。

 ベトナム戦争さなか、国防総省は詳細な戦況報告を作成し、この戦争には勝ち目がないという分析も行っていた。しかし、それを記した文書を、4代もの大統領が隠し続けた。

 この事実をスクープしたニューヨーク・タイムズを、時の大統領ニクソンは国家機密漏洩(ろうえい)の疑いで告訴する。ライバル紙ワシントン・ポストの社主キャサリン(メリル・ストリープ)と、編集主幹のベン(トム・ハンクス)は文書を前に、米国政府を相手取った、報道の自由を守る闘いを始めるか否かを迫られる。

 朝日新聞による財務省の公文書改ざんスクープを皮切りに、森友問題が再紛糾。毎日新聞、東京新聞、NHK…

この記事は有料記事です。

残り1427文字(全文1744文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. くらしナビ・ライフスタイル 「光コラボ」契約に注意 トラブル後絶たず 相談半数が60歳以上
  3. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  4. 社説 河野外相の記者会見発言 「次の質問」という傲慢さ
  5. 「自分に感情が無ければ…」父殺害の元少年、面前DVを告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです