メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この50年の世界

1968~2018 第3部・核兵器禁止への道/中 南ア、自ら核廃絶 アパルトヘイトに限界

1970~80年代に原爆製造の拠点だった南ア原子力公社の施設=ペリンダバで2018年4月20日、小泉大士撮影

 「1974年から89年までに原爆6個を製造したが、90年にすべて解体した」

 93年3月、南アフリカのデクラーク大統領は議会演説でひそかに核兵器を開発していた事実を明かし、世界を驚かせた。

 白人政権によるアパルトヘイト(人種隔離)政策によって国際社会から経済制裁を受け、孤立していた南ア。89年9月に大統領に就任したデクラーク氏はその2週間後、少人数の閣僚らを大統領官邸に招集して決意を告げていた。「南アは今後、国際社会の一員に復帰する。そのためには政治体制を民主化し、核計画を放棄しなければならない」

 元南ア原子力公社総裁で招集された一人のワルド・ストンフ氏(75)によれば、会議そのものは30分程度…

この記事は有料記事です。

残り1182文字(全文1483文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
  2. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  3. 米韓首脳会談 トランプ氏、米朝会談見送りの可能性言及
  4. 広島・高2殺害 「わいせつできず怒り」容疑者、突発的か
  5. 北朝鮮 地下核実験場の坑道3カ所を爆破 北東部の豊渓里

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]