メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この50年の世界

1968~2018 第3部・核兵器禁止への道/中 南ア、自ら核廃絶 アパルトヘイトに限界

1970~80年代に原爆製造の拠点だった南ア原子力公社の施設=ペリンダバで2018年4月20日、小泉大士撮影

 「1974年から89年までに原爆6個を製造したが、90年にすべて解体した」

 93年3月、南アフリカのデクラーク大統領は議会演説でひそかに核兵器を開発していた事実を明かし、世界を驚かせた。

 白人政権によるアパルトヘイト(人種隔離)政策によって国際社会から経済制裁を受け、孤立していた南ア。89年9月に大統領に就任したデクラーク氏はその2週間後、少人数の閣僚らを大統領官邸に招集して決意を告げていた。「南アは今後、国際社会の一員に復帰する。そのためには政治体制を民主化し、核計画を放棄しなければならない」

 元南ア原子力公社総裁で招集された一人のワルド・ストンフ氏(75)によれば、会議そのものは30分程度…

この記事は有料記事です。

残り1182文字(全文1483文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
  3. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです