メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

ドトール 修業したブラジルの街路名刻む

=ドトールコーヒー提供

 ドトールコーヒーが運営する喫茶店「ドトールコーヒーショップ」は、全国47都道府県で1124店舗(3月末現在)を展開する。

 創業者の鳥羽(とりば)博道氏(現名誉会長)は埼玉県出身。高校を中退し、19歳で喫茶店の店長を務めていたが、一念発起して知人の所有するブラジルのコーヒー農園で働くことにした。1959年に船でブラジルに渡った。鳥羽氏がブラジル・サンパウロでの修業時代に住んでいた場所が「ドトール・ピント・フェライス通り85番地」だった。

 「ドトール」とは、ブラジルの公用語・ポルトガル語で「博士、医者(ドクター)」の意味。通りの名前は、…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文580文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです