メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読みトク!経済

サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 農産品種開発、権利どう守る?=回答・加藤明子

朝取りの「とちおとめ」を品定めする参加者=栃木県鹿沼市で2018年3月15日、花野井誠撮影

登録で独占販売可能に 海外での保護不可欠

 なるほドリーマン君 平昌(ピョンチャン)冬季五輪ではカーリング女子の活躍もすごかったけど、「韓国のイチゴはびっくりするくらい甘かった」と話していたのも印象的だったね。

 記者 甘いイチゴには、日本の農業の課題が秘められています。

 農林水産省によると、韓国産イチゴの9割は1990年代に日本から持ち出された「とちおとめ」「章姫(あきひめ)」「レッドパール」などの品種を改良したものです。もとの品種を開発した日本の権利が守られていれば、韓国側から年間で16億円の利用料を得ることができたと同省は試算しています。また、韓国のイチゴがアジア各国に輸出された結果、日本のイチゴ農家は年間で44億円の輸出機会を失っているとされています。

 Q 自分で開発した品種を守る仕組みはないの?

この記事は有料記事です。

残り1420文字(全文1775文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」がテレビアニメ化 10月放送開始
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  4. カフェイン中毒死 九州の20代男性、大量摂取で 「エナジードリンク」常飲
  5. ロシアW杯 日本女性に下品な言葉 コロンビアで問題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]