メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読みトク!経済

サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 農産品種開発、権利どう守る?=回答・加藤明子

朝取りの「とちおとめ」を品定めする参加者=栃木県鹿沼市で2018年3月15日、花野井誠撮影

登録で独占販売可能に 海外での保護不可欠

 なるほドリーマン君 平昌(ピョンチャン)冬季五輪ではカーリング女子の活躍もすごかったけど、「韓国のイチゴはびっくりするくらい甘かった」と話していたのも印象的だったね。

 記者 甘いイチゴには、日本の農業の課題が秘められています。

 農林水産省によると、韓国産イチゴの9割は1990年代に日本から持ち出された「とちおとめ」「章姫(あきひめ)」「レッドパール」などの品種を改良したものです。もとの品種を開発した日本の権利が守られていれば、韓国側から年間で16億円の利用料を得ることができたと同省は試算しています。また、韓国のイチゴがアジア各国に輸出された結果、日本のイチゴ農家は年間で44億円の輸出機会を失っているとされています。

 Q 自分で開発した品種を守る仕組みはないの?

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  2. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  3. NGT暴行被害、新潟知事が言及「早く解明し正常に戻って」
  4. 横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
  5. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです