メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度食べたい

オゴなます ハレの食卓、島の母の味

「このサイズが食べごろ」と海藻のオゴを手にする松本烝二さん

 磯の香をまとったあさぎ色の「オゴなます」。かむたびに「コリッ、コリッ」と耳奥に心地よい音が響く。まるで歯ごたえを確認するかのような--そうか、この音なのか。兵庫県養父市の主婦、藤岡弘子さんの耳に残る六十余年も前の食感。忘れられないはずの味と音である。

 藤岡さんから便りをいただいたのは昨年春。ふるさとは瀬戸内海の因島(現広島県尾道市)と書かれた手紙には「私が14歳のとき母は他界しましたが、行事があるたびお膳に並ぶ料理に『オゴなます』がありました。コリコリした歯ごたえが大好きで、作り方まで教わりました。私は79歳になり、あの味に出合うことはもう無理かとあきらめています。もし口にすることができたらうれしいです」とあった。

 私も瀬戸内の島育ちだが、海藻の「オゴ」は採ったことも食べたこともない。「海藻採りなら暑い時期か」と…

この記事は有料記事です。

残り918文字(全文1280文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  4. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  5. 豪雨 結婚指輪渡す約束、果たせず 広島・裏山崩れて

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]