メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

パンダダンゴ×上野動物園 「おいしくなれ」改良重ね

イラスト 佐々木悟郎

 東京・上野動物園の人気者がむんずと黄色いダンゴをつかんだ。木の上のお気に入りの場所に座り、興味津々に眺めてほんの少しかむと、見守っていたスタッフから笑みがこぼれた。昨年6月に誕生したジャイアントパンダのシャンシャン。手にしていたのは「パンダダンゴ」だ。

 トウモロコシや大豆、米の粉に卵などを混ぜ、耳たぶほどの軟らかさになるまで練る。体重に応じて量を変え、三角や丸形に固めて45分ほど蒸せばできあがり。少し硬めの蒸しパンのような食感だ。

 カンカン、ランランが上野に来た1972年、日本のパンダの歴史が始まった。北京動物園からの引き継ぎに…

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文1043文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  4. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  5. 他人のPCで「無断採掘」無罪 仮想通貨のプログラム設置男性 横浜地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです