メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

パンダダンゴ×上野動物園 「おいしくなれ」改良重ね

イラスト 佐々木悟郎

 東京・上野動物園の人気者がむんずと黄色いダンゴをつかんだ。木の上のお気に入りの場所に座り、興味津々に眺めてほんの少しかむと、見守っていたスタッフから笑みがこぼれた。昨年6月に誕生したジャイアントパンダのシャンシャン。手にしていたのは「パンダダンゴ」だ。

 トウモロコシや大豆、米の粉に卵などを混ぜ、耳たぶほどの軟らかさになるまで練る。体重に応じて量を変え、三角や丸形に固めて45分ほど蒸せばできあがり。少し硬めの蒸しパンのような食感だ。

 カンカン、ランランが上野に来た1972年、日本のパンダの歴史が始まった。北京動物園からの引き継ぎに…

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文1043文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  2. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  3. 2歳児保護 ぬかるみの道 薄暗い沢 尾畠さんが案内
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです