メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不知火のほとりで

石牟礼道子の世界/67 夢劫

わが身はあてどなき仙女となり果てし=熊本県水俣市で、田鍋公也撮影

 <日曜カルチャー>

涙のしずくに咲く

 春なのに初夏を思わせる日差しである。JR熊本駅。足がつい市電に向かう。行く当てがないのに気づき、私は立ちすくんでしまう。石牟礼道子さんがもういないという事態に慣れることができない。この先、慣れることはあるのだろうか。

 亡くなって50日が過ぎた。東へ向かう。渡辺京二さんの家に来た。これからどうしたらいいか、おうかがいに来ました、と私は言った。「どうしたらいいか、私が聞きたいよ」と渡辺さんは笑みを浮かべる。声に力がない。「自分が必要とされるというのは、単純明快な、生きがいです。そうすると、自分を必要としてくれる人がいなくなったということは、なんのために自分が生きているのか、ということになる」と独特の言い回しで喪失感を語る。

 道子さんの通夜、葬儀があった熊本市東区の真宗寺に行く。葬儀の日2月12日は朝から雪が舞った。お気に…

この記事は有料記事です。

残り1841文字(全文2223文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
  3. 眞子さま ブラジルへ出発 日本人移住110年で
  4. 児童虐待防止 「もう耐えられない」タレントら要望書提出
  5. セブン-イレブン 100円生ビールをテスト販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]