メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

君の名前で僕を呼んで 激情に溺れる青年らを受け入れる温かな視線

 イタリアの夏、少年と青年の出会いと別れの物語。わしづかみで握り潰した桃のように瑞々(みずみず)しく、生々しく、美しい映画です。

 パールマン教授は、毎年夏、研究補佐のためにアメリカから大学院生を招いてきた。教授の息子、17歳のエリオはインターンに自分の部屋を明け渡すのがイヤなんですが、今年インターンにやってきたオリバーは、彫刻のように美しい。引っ込み思案なエリオは気さくなオリバーに心を開いてゆきます。

 心だけでは終わらない。自意識過剰のエリオと違って羞(は)じらうことのないオリバーの肢体からエリオは…

この記事は有料記事です。

残り1414文字(全文1666文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球 福原愛が現役引退を表明 自身のブログで
  2. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  3. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  4. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  5. 卓球 福原愛さん引退 中国、台湾でも高い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです