メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

からだ・こころナビ

8K映像で腹腔鏡安全に 臨床試験スタート

 国立がん研究センターなどのチームは、従来のハイビジョンテレビを超える高精細な映像技術「8K」を使った腹腔(ふくくう)鏡を開発し、大腸がん手術の臨床試験を始めた。細かな部分も鮮明に見えるようになることで、がんの取り残しを防ぎ、周囲の臓器や血管を傷つけにくくなると期待される。

 腹腔鏡手術は、患者のおなかに小さな穴を複数開けて内視鏡(カメラ)と手術器具を差し込み、テレビモニターの映像を見ながら行う。開腹手術より傷が小さく、患者の回復が早い利点があり、手術件数は増加傾向。チーム代表で同センター中央病院の金光幸秀・大腸外科長は「大腸がん手…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文672文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 大相撲秋場所 栃ノ心、横綱つり上げ破る 理事長も驚く
  4. 傷害致死 8歳長男、死なせた疑い 「頭を殴った」父親逮捕 奈良
  5. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです