メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア大統領

フランスの勲章返還 仏政府が剥奪手続き中

アサド大統領=2018年3月、AP

 【パリ賀有勇】シリアのアサド大統領は20日までに、化学兵器の使用疑惑を巡って、フランスが剥奪に向けた手続きを行っていたフランスの勲章「レジオン・ドヌール」を、フランス側に返還した。AFP通信が報じた。

 AFP通信によると、シリア大統領府は声明で、米国と共にシリアへの空爆に参加したフランスを「米国の奴隷」と非難。首都ダマスカスのルーマニア大使館を通じてフランス側に返還したことを明らかにした。

 アサド政権による、度重なる化学兵器使用疑惑に対して責任を追及する姿勢を示すために、仏大統領府が剥奪…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文497文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮城 交番で警官刺され死亡、拳銃発砲で刃物の男も死亡
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです