メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきの歴史

『幕末の海軍』神谷大介氏が刊行 蒸気船、明治維新を加速

 今年が明治150年ということで、薩長の重鎮ら新政府の指導者層に光が当たっている。その延長に、「明治日本の精神」を称揚する歴史観がのぞいたりすることもあるが、違和感がある。

 その点、『幕末の海軍 明治維新への航跡』(神谷大介著・吉川弘文館)は、全く違う視点から書かれていて新鮮だ。

 この本の主役は蒸気船である。1853(嘉永6)年、神奈川県三浦半島の浦賀に米ペリー艦隊が来航。初めてやって来た蒸気船は幕末日本を大きく変えた。あまり知られていないと思われる光景を四つ選んで紹介すると--。

 (1)日本沿岸を頻繁に行き交う蒸気船の数々。衝突事故も発生した。

この記事は有料記事です。

残り1310文字(全文1586文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
  4. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです