メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良を思う

ゆかりの人たち 映画監督・塩崎祥平さん(39)/下 全国に発信する作品を /奈良

「奈良から全国にみんなで発信する作品を作っていきたい」と意欲を語る塩崎祥平さん=大阪市北区で、望月亮一撮影

 大和郡山市出身の映画監督、塩崎祥平さん(39)はアメリカ留学から帰国して3年たった2007年、監督として初めて短編映画の製作を手がける。「おとうさんのたばこ」という作品だった。

 帰国して百米映画社に入社。スタッフとして製作通訳、演出通訳、助監督に携わっていました。初監督になりました。「おとうさんのたばこ」は友人の実体験から生まれた原案をもとに、脚本を仕立てました。上映時間は17分間。小さな女の子が末期がんの父親に頼まれてたばこを買いに行く。たばこを買って父親に渡していいのかどうか。女の子は葛藤します。彼女の心の中を描いたものです。思っていた以上に評判が良く、各国の映画祭でも上映され高い評価を受けました。09年、米ハリウッドの「エジプシャンシアター」で開催された「Pictures Battle×how Biz Japan」でグランプリを受賞しました。その後は地方での映画製作に注目し、11年春には新潟県佐渡島で映画「佐渡テンペスト」を企画プロデュースしました。

 12年、初めての長編映画作品として、大和郡山を舞台にした作品「茜色の約束~サンバDo金魚~」を製作…

この記事は有料記事です。

残り1537文字(全文2022文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです