メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

冬山登山、安全へ試行錯誤 栃木・高校生雪崩死亡事故から1年

高校山岳部の顧問教諭を対象とした講習会で、冬山登山での対応などを学ぶ参加者ら=群馬県片品村で2018年2月16日、萩原桂菜撮影

 <kyoiku no mado>

 栃木県那須町で昨年3月、登山講習会に参加した県立大田原高校の生徒ら8人が死亡した雪崩事故から1年が過ぎた。毎日新聞が各都道府県の高校体育連盟(高体連)などに実施したアンケートでは事故後、8道県が昨年度の冬山登山を中止した一方、16都府県は継続していた。高校生は部活動で冬山登山を行うべきか、行うなら生徒の安全をどのように守るのか--。教育現場での試行錯誤が続いている。

この記事は有料記事です。

残り2392文字(全文2594文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  2. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  3. 2歳児保護 ぬかるみの道 薄暗い沢 尾畠さんが案内
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです