メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

地方はいま/8 京都府京丹後市 過疎地の足、救う

常連客を乗せる運転手の坂田基司さん(左)と、見守る東和彦さん(右)。「海外で普及するウーバーのアプリなら外国人観光客も使いやすい」と東さんは期待する=京都府京丹後市で3月

 朝からの雨風で、日本海は荒れていた。3月下旬、京都府京丹後市の海沿いにある間人(たいざ)地区。1人暮らしの小倉美知子さん(89)が診療所との往復の車中で運転手に話し掛ける。「じゃがいも、もう植えなったか」「いんや、いつまでも寒いの困るな」。運転手は近所の知り合いだ。自宅前で降り、料金を払う。往復4キロ弱で計1000円ほど。タクシーの半額に近い。「こんな天気でも助かる。みんな知った人ですけえ」と笑顔を見せた。

 自家用車(白ナンバー)の運転手がお金をもらって人を運ぶ「白タク」は道路運送法で禁じられている。ただ…

この記事は有料記事です。

残り1445文字(全文1701文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
  2. 紀平梨花、GPファイナル初優勝 デビューシーズンで制覇の快挙
  3. 東名あおり運転事故、連日審理 状況明らかに 10日求刑公判
  4. 津のGSで灯油にガソリン混入 消防が注意呼びかけ
  5. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです