メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

OPCW、現場で試料採取 化学兵器使用疑惑

 【ブリュッセル八田浩輔】シリアの化学兵器使用疑惑を巡り、化学兵器禁止機関(OPCW、本部オランダ・ハーグ)は21日、首都ダマスカス近郊ドゥーマの現場の一つで初めて試料を採取したと発表した。調査団は今月14日にダマスカスに入っていたが、シリア政府とその後ろ盾のロシアが、「治安上の理由」で現場での調査を認めていなかった。

 OPCWの発表によると、調査団が採取した試料はオランダ国内のOPCWの研究施設に送られた後、今後数…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文558文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです