メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊島の産廃問題

残留産廃に懸念の声 住民・研究者ら、豊島学会で議論 /香川

再調査で残留産廃が見つかった処分地現場。産廃は掘削せず、シートや土をかぶせて現場に残されている。奥の人影付近にも産廃が同様に残されている=香川県土庄町の豊島で、植松晃一撮影

 産業廃棄物が不法投棄された豊島(土庄町)に関心を寄せる研究者や元弁護団、住民らが島の再生などについて議論する豊島学会の研究発表会が21、22日、豊島の豊島公民館などであった。処分地では次々と見つかる残留産廃に加え、汚染地下水の浄化作業も難航しており、参加者からは産廃特措法期限(2022年度)内の完了に不安を指摘する声も上がった。【植松晃一】

 豊島学会は2006年7月に設立され、研究発表会は07年4月から年1回開かれている。12回目の今年は…

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文680文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  4. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  5. 「群馬大医学部不合格は55歳の年齢」横浜68歳女性、公明正大な入試訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです