メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

よみがえる「黙れ」=玉木研二

 <ka-ron>

 先週、国会議事堂近くの路上で防衛省統合幕僚監部の3等空佐が、日報問題などを追及している野党議員に対し「お前は国民の敵だ」と繰り返し、罵倒した。

 「文民統制(シビリアンコントロール)の危機」と野党は訴え、「黙れ事件」を想起したという声もある。

 この事件は有名だ。1938年3月3日、帝国議会の衆院国家総動員法案委員会で、陸軍省の佐藤賢了(けんりょう)中佐が、法案の説明を延々とやり、議員らから制止のヤジが飛び、佐藤が「黙れ」と一喝した。

 発言取り消しと陸相陳謝でケリはつくが、佐藤はむしろ勇名をはせた。軍部専横の勢いをつけた出来事の一つ…

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文1023文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  4. 東京都立高入試、過去最低の平均応募倍率 進む二極化
  5. はやぶさ2 「まさか」科学的に意外だったリュウグウの姿

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです