メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊・時論フォーラム

「表象」と「代表」/郵政の「格差是正」/官僚制の危機

在日外国人らへの差別をあおるデモに抗議する人たち。排外主義の高まりも「会いたい自分」にしか会わない時代の表れ=東京都千代田区で2015年5月17日、後藤由耶撮影

 混迷する現代の政治、経済、社会の事象を、論壇での議論から識者が読み解く本欄は、今月から新たな執筆陣となった。吉田徹・北海道大教授は、多様性と他者理解が並び立ちにくい時代における、民主主義の困難を論じた。井手英策・慶応大教授は、正社員と非正規との「格差是正」が、被雇用者同士の対立をあおり、全体の待遇を切り下げる愚を批判する。石原俊・明治学院大教授は、公文書問題を筆頭とする不祥事続きの省庁に、近代国家の危機をみた。

この記事は有料記事です。

残り4435文字(全文4643文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 自民総裁選 「ポスト安倍」、会期延長で身動き取れず
  4. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  5. 受動喫煙対策 それでも先生か がん患者に「いいかげんにしろ」 自民議員、規制巡り 衆院厚労委、参考人陳述

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]