メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この50年の世界

1968~2018 第3部・核兵器禁止への道/下 ICANの挑戦 「核の神話、壊したい」

核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長=ジュネーブで2018年4月13日、三木幸治撮影

 「核兵器には国家を守る特別の力があるという『神話』がある。それを壊したかった」。昨年7月に国連総会で採択された核兵器禁止条約を主導し、ノーベル平和賞を受賞した核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN、本部ジュネーブ)のベアトリス・フィン事務局長(35)は、条約の目的をそう語る。

 冷戦崩壊後、米露による核戦争の脅威が遠ざかり、核廃絶を求める動きは弱まった。当初、ジュネーブの女性の人権擁護団体で働いていたフィン氏からすれば、核兵器廃絶は「古くさいし、解決が難しい」活動に思えた。

 業務の一環としてICANに関わり始めたのが2011年。その後間もなく、核保有国が参加した軍縮会議を…

この記事は有料記事です。

残り1397文字(全文1685文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  4. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  5. 他人のPCで「無断採掘」無罪 仮想通貨のプログラム設置男性 横浜地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです