メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

地方はいま/9 長野県岡谷市 だれの山? 防災阻む

 2006年7月19日未明、諏訪湖の西に位置する長野県岡谷市では雨が降り続いていた。湊花岡(みなとはなおか)区の区長だった小口〓明(ひろあき)さん(73)が外に出ると、金網を押し倒し、路上に土砂が流れ出ていた。家に戻ると、電話が鳴った。「区長、大変だ。神社が流された」。近隣を含めた西山地区では、小規模な河川沿いで次々土石流が起きた。累積降雨量は400ミリ。91カ所計2・39ヘクタールの山腹崩壊が発生し、8人が犠牲になった。

 「水と土砂だけではない。木々が大量に流れて被害が大きくなった」。親族を亡くした男性(57)はそう振…

この記事は有料記事です。

残り1512文字(全文1775文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  2. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  3. 不適切投稿 裁判官懲戒、やむを得ず
  4. 不適切投稿 「最高裁決定にがくぜん」岡口裁判官が会見
  5. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです