メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

ボランティア募集開始 12都市で1万人超

2019年ラグビーW杯日本大会の公式ボランティアへの応募を呼び掛ける、ボランティアサポーターの小島瑠璃子さん(中央)、大会アンバサダーで元日本代表の大畑大介さん(右から2人目)ら=東京都千代田区で2018年4月23日、大谷津統一撮影

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会は23日、大会のボランティア「チーム・ノーサイド」の募集を大会公式サイトを通じて始めた。

 19年3月31日時点で18歳以上の人を対象に、全国12開催都市で試合会場や最寄り駅での案内などに当たる1万人以上を募る。応募締め切りは7月18日で、面接を経て選考する。

 最低活動日数や募集予定人数は都市ごとに定められ、最低5日間の東京都は2000~3000人、神奈川県…

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文704文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 町田女性殺害 被害者は頭蓋陥没 頭髪から数ミリのねじ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです