メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

ボランティア募集開始 12都市で1万人超

2019年ラグビーW杯日本大会の公式ボランティアへの応募を呼び掛ける、ボランティアサポーターの小島瑠璃子さん(中央)、大会アンバサダーで元日本代表の大畑大介さん(右から2人目)ら=東京都千代田区で2018年4月23日、大谷津統一撮影

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会は23日、大会のボランティア「チーム・ノーサイド」の募集を大会公式サイトを通じて始めた。

 19年3月31日時点で18歳以上の人を対象に、全国12開催都市で試合会場や最寄り駅での案内などに当たる1万人以上を募る。応募締め切りは7月18日で、面接を経て選考する。

 最低活動日数や募集予定人数は都市ごとに定められ、最低5日間の東京都は2000~3000人、神奈川県…

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文704文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです