メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

河野太郎氏/下 うちと似ていた「ツバメ号」シリーズ

自身が読んだ「ツバメ号とアマゾン号」を持つ河野太郎外相=根岸基弘撮影

ロングバージョン

 小学生の頃に読んで、いまだに取ってある本はそう何冊もない。その中でこの「アーサー・ランサム全集」(ツバメ号シリーズ)は、12冊全部を必ず引っ越し先にも持って回っている。今でも時々読む。何もすることがない日曜日に読み返したりする本だ。今、大人が読んでもそれなりに面白いと思っている。

 第1巻の「ツバメ号とアマゾン号」は母親が買ってきた。兄弟姉妹がヨットで湖の無人島に冒険をしに行く物語だ。父親は海外にいる海軍軍人でほとんど家にいないが存在感がある。そこがなんとなく、うちと似ていた。

 主人公の長男がその父親に電報で「子供だけで行ってもよいか」とたずねる。一緒に住んでいるお母さんは心…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  2. 携帯の2年縛り、3月から緩和 違約金なしの解約、3カ月に
  3. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  4. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  5. 米で偽新聞「トランプ辞任」ワシントンでばらまき

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです