メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

「広まるきっかけに」 大橋四段、ドコモ関西支社で対局解説 /大阪

和やかな雰囲気の中で将棋の楽しさを語る大橋貴洸四段(左から2人目)=大阪市北区のNTTドコモ関西支社で2018年4月23日午後8時31分、新土居仁昌撮影

 将棋の若手ホープの一人、大橋貴洸(たかひろ)四段(25)が23日夜、大阪市北区のNTTドコモ関西支社に招かれ、最年少棋士・藤井聡太六段(15)との対局を解説するなどして将棋の魅力と楽しさを伝えた。

 将棋をビジネスのヒントにもつなげようと、同支社が初めて開いた。仕事を終えた約30人の社員が参加し、大橋四段の姉で同支社勤務の…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文405文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
  4. 特集ワイド ビゴの店、フィリップ・ビゴさん 本物伝え半世紀
  5. 豊洲市場 11カ所亀裂、地盤沈下が原因 都「想定内」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです