メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

「平成」提示、逝去3カ月半前 元号3案、昭和天皇急変後 竹下首相らに

 1989年1月7日の昭和天皇逝去の約3カ月半前に、「平成」を含む新元号の最終候補3案が、当時の竹下登首相(故人)と小渕恵三官房長官(同)に示されていた。官房副長官だった石原信雄氏(91)が毎日新聞の取材に明らかにした。88年9月19日に昭和天皇が吐血して重篤な状態となった翌日の20日の会議で、政治家を含めた首相官邸中枢が三つの元号案を初めて共有したという。

 19日夜の昭和天皇の吐血で、政府関係者には「代替わり」が現実に迫ったとの危機感が広がった。20日午…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです