メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

代替わりへ

平成あと1年/1 官僚が極秘に元号案 政治家の関与拡大も

1988年9月20日に昭和天皇の容体について記者会見する小渕官房長官(当時)。この日、新元号3案が官邸中枢で極秘に共有されていた=首相官邸で

 「すぐに連絡が付く場所を確認させてください」

 天皇陛下が気管支肺炎で入院された2011年11月、漢籍や中国史などを専門とする学者たちに内閣官房職員が次々に電話をかけた。通話内容を口外しないことも求めた。

 対象は、平成に代わる元号案の考案を非公式に委嘱された学者たち。ただちに正式な委嘱に切り替えねばならなくなった場合に備え、念のため連絡先を極秘に確認したのだ。

 その後の12年2月には陛下の心臓バイパス手術も行われた。皇室も含めた内政担当の内閣官房副長官補室(…

この記事は有料記事です。

残り1074文字(全文1305文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです