メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

五月病、どんな病気? 新生活の疲れで心身に不調 社会人も注意=回答・清水健二

 なるほドリ もうすぐ5月だね。よく聞く「五月病(ごがつびょう)」って、どんな病気?

 記者 正式な病名ではないんです。事典「現代用語の基礎知識」の1970年版には、68年に流行した社会風俗(しゃかいふうぞく)用語だと紹介されています。当時は学生運動が盛んな時期で、大学に入った途端に向学心を失う学生や、魅力に乏しい大学教育を嘆く言葉として使われたようです。時代の変化に伴い、新生活になじめず心身の調子が悪くなることを指すようになりました。心の病気であるうつ病、適応障害(てきおうしょうがい)、リズム障害などに当てはまる場合もあります。

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文837文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  2. 散弾銃事故 サル駆除で誤射、男性死亡 千葉・鴨川の山林
  3. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  4. 自主回収 ドッキリ刃物、本物の刃 けが報告なし ダイソー
  5. シカ猟 荷台に置いた猟銃暴発、助手席の男性死亡…岩手

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです