メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

五月病、どんな病気? 新生活の疲れで心身に不調 社会人も注意=回答・清水健二

 なるほドリ もうすぐ5月だね。よく聞く「五月病(ごがつびょう)」って、どんな病気?

 記者 正式な病名ではないんです。事典「現代用語の基礎知識」の1970年版には、68年に流行した社会風俗(しゃかいふうぞく)用語だと紹介されています。当時は学生運動が盛んな時期で、大学に入った途端に向学心を失う学生や、魅力に乏しい大学教育を嘆く言葉として使われたようです。時代の変化に伴い、新生活になじめず心身の調子が悪くなることを指すようになりました。心の病気であるうつ病、適応障害(てきおうしょうがい)、リズム障害などに当てはまる場合もあります。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. 米グーグル、年内にゲーム参入 専用機不要、業界の構図変動も
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです