メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

米中貿易戦争への懸念

 国内総生産(GDP)世界1位の米国と2位の中国。相手国からの輸入製品に高率関税を課す制裁措置を相次いで発表し、「米中貿易戦争」に発展する事態への懸念が高まっている。世界経済に悪影響が及ぶ前に、両国は振り上げたこぶしを下ろす妥協点を見いだせるか。そして、3位の日本はどんな役割を果たすべきか。

米製造業への悪影響必至 メアリー・ラブリー、米シラキュース大教授

 トランプ米大統領は大統領選から一貫して、米中両国の通商関係が「米国の利益になっていない」と主張し、…

この記事は有料記事です。

残り4294文字(全文4522文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです