メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

米中貿易戦争への懸念

 国内総生産(GDP)世界1位の米国と2位の中国。相手国からの輸入製品に高率関税を課す制裁措置を相次いで発表し、「米中貿易戦争」に発展する事態への懸念が高まっている。世界経済に悪影響が及ぶ前に、両国は振り上げたこぶしを下ろす妥協点を見いだせるか。そして、3位の日本はどんな役割を果たすべきか。

米製造業への悪影響必至 メアリー・ラブリー、米シラキュース大教授

 トランプ米大統領は大統領選から一貫して、米中両国の通商関係が「米国の利益になっていない」と主張し、…

この記事は有料記事です。

残り4294文字(全文4522文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです