メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

農業に参入する女性が増える背景=農業ジャーナリスト・青山浩子

 新規就農には主に三つの形態がある。「親元就農」、「法人等への就職」、農地や資金を独自に確保し、農業経営を始める「新規参入」だ。新規参入者は主に非農家出身の人たちだ。約6万人(2016年)の新規就農者の構成は、順に77%、18%、6%となっている。親元就農は10年前と比べ30%以上減った。逆に増えたのは、就職と新規参入。なかでも女性の新規参入者は10年前の2・6倍にもなった。

 新規参入した女性に就農動機を聞くと「東日本大震災を機に、食料を身近な場所で作ろうと思った」「留学し…

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文713文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  2. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  3. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 芸能 被害女性は新井容疑者を俳優と分からず 熟練セラピストでショックで店辞める(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです