メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本はともだち

点字、読んで触って ユニバーサル絵本 神奈川の団体、貸し出し活動10年

無料で貸し出している点字付き絵本を手にする大下利栄子さん=神奈川県葉山町で

 視覚障害のある人もない人も一緒に楽しめる点字付きの「ユニバーサル絵本」。貸し出す活動を続けている市民団体「ユニリーフ」(神奈川県葉山町)は今年、活動開始から10年を迎える。見える、見えないの垣根を越えて、絵本の楽しさを共有する場が広がっている。

 ユニリーフ代表の大下利栄子さん(58)は2008年、知人を通じて、イギリスで普及しているユニバーサル絵本の存在を知り、日本でも広めたいと活動を始めた。

 大下さんの次女歩(あゆみ)さん(21)は、2歳半の時に網膜にできるがんがきっかけで視力を失った。た…

この記事は有料記事です。

残り709文字(全文958文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請
  2. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  3. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  4. 水球代表 女子合宿打ち切り 男子監督がネットで戦術批判
  5. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]