メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロボット

夢の海底自動探査 生物を識別、採取 九州工大などチーム

 採取のため自動で生物を探す深海ロボット「Tuna-Sand(ツナサンド)2」を開発したと、九州工業大と東大の研究チームが発表した。これまでは有人潜水艇や遠隔操作のケーブル付きロボットを用いたため、大型の母船を必要とするなど大がかりだった。それに比べて簡単に生物調査ができ、海底資源の探査にも役立つという。

 ロボットは一辺が約1・3メートルの箱形で重さは380キロ。カメラと、直径7センチの試料採取口を備え…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文559文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 暴虐の傷痕 イラク・IS後/2 「子守る」性奴隷耐え
  4. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  5. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです