メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

村井幸子の変じゃありません?

報道が救った米国の良心 /石川

 「情勢は満足のいく進歩を遂げている」

 1966年、戦地ベトナムの視察を終え帰国したマクナマラ国防長官が飛行機のタラップに立ち、笑みを浮かべて記者団に答えたシーンは衝撃的だ。

 実はマクナマラは機内で軍事分析官から米軍の絶望的な戦況を聞かされていたのに、である。政府の嘘(うそ)に絶望した分析官は悩みぬいた末、戦況の最高機密文書をメディアにリークする。まずニューヨーク・タイムズが71年6月13日に独占スクープ。5日後にはワシントン・ポストが、その翌日には複数の地方紙が政府の隠蔽(いんぺい)体質を批判した。

 映画「ペンタゴン・ペーパーズ」(スティーブン・スピルバーグ監督)は、こうして巻き起こった政府とメデ…

この記事は有料記事です。

残り786文字(全文1089文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日本テレビ イッテQ疑惑で大久保社長謝罪 祭り企画休止
  3. 日本テレビ イッテQやらせ疑惑で不適切演出認める
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです