メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島盲ろう者友の会

通訳介助で力を貸して 養成講座、受講を呼びかけ 6月2日から /広島

触手話を通じ通訳介助員の岡田始子さん(右)と会話する大杉勝則さん=広島市東区光町1の広島盲ろう者友の会で、元田禎撮影

 広島盲ろう者友の会(東区光町1)は、6月2日から8月11日までの毎週土曜日、市総合福祉センター(南区松原町)で「盲ろう者向け通訳介助員養成講座」を開く。大杉勝則理事長(55)は「盲ろう者にとって、通訳介助員はかけがえのない存在。多くの方に受講していただき、私たちの社会参加に力を貸してほしい」と話す。【元田禎】

 大杉さんは生まれつき耳が聞こえず、20歳の頃、目が見えにくくなった。今は光を感じる程度。細かい手作…

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文726文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 大阪市有識者懇 天王寺動物園「独法化」提言 全国でも初
  4. ORICON NEWS 安室奈美恵、引退前夜に故郷沖縄でライブ 異例のフェス形式「とても光栄」
  5. 台風20号 あす西日本接近

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです