メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森山・自民国対委員長

「解散も選択肢」発言 野党反発、与党も困惑

野党の空席が目立つ中、生活保護法などの改正案を与党と日本維新の会で可決した衆院厚生労働委員会=国会内で2018年4月25日、川田雅浩撮影

 自民党の森山裕国対委員長は25日、「内閣不信任決議案が出されれば、衆院解散も一つの選択肢」と述べた。安倍政権が学校法人「森友学園」「加計学園」の疑惑に苦しみ、1966年の「黒い霧解散」と状況が似てきたという見方がある中、自民党幹部の異例の解散発言は与野党に波紋を広げた。

 森山氏は25日午前、自民、公明両党の幹事長と国対委員長による定例会合に出席した。解散発言はその直後に飛び出した。

 時の首相の専権事項とされる解散に、閣僚や自民党幹部が踏み込んで言及することは通常ない。今回、記者団…

この記事は有料記事です。

残り1188文字(全文1431文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
  2. 青森市議、今度は盗聴疑い 議員控室内をスマホで録音
  3. 事故 バイク3台転倒、男女6人死亡2人重傷 奈良の国道
  4. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  5. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです