メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

「SDGs」に見る環境問題 地球規模思考の契機に=五十嵐和大(東京科学環境部)

「SDGsゼミ」で学ぶ海城中学高校の生徒たち=五十嵐和大撮影

 国連の「持続可能な開発目標」(SDGs=エスディージーズ)をテーマに昨年10月~今年3月、6回の連載記事「イチからオシえてSDGs」(朝刊環境面)を担当した。SDGsの掲げる資源保護や「飢餓ゼロ」など17の目標をキーワードに企業や教育現場を取材し、気候変動や生物多様性の危機など地球の存続を脅かすさまざまな問題を見つめ直し、取り組む動きを目の当たりにした。私たちはしばしば、日本という島国の中だけで物事をとらえがちだが、SDGsが地球規模の課題へと視野を広げるきっかけになるのではないか。そんな強い期待を抱いている。

 「次は水族館へ資源量の話を聞きに行こう」。東京都新宿区の私立中高一貫校、海城中学高校で放課後に開講…

この記事は有料記事です。

残り1983文字(全文2292文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです