メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

放送免許の根本に踏み込んで=樫村愛子・愛知大教授

樫村愛子・愛知大教授

 「政治的公平」や「事実をまげない報道」などを掲げる放送法4条の撤廃議論が持ち上がっている。毎日新聞3月29日朝刊によれば、安倍晋三首相の意向を背景に政府の規制改革推進会議が水面下で検討した。放送規制を取り払ってインターネットテレビなどネットメディアの参入をしやすくし、経済活性化を図るが、権力の暴走をチェックするメディアの機能が弱体化する恐れがある。

 同朝刊によると、NHKには現行制度を維持し、番組のネット常時同時配信を認める一方で、民間放送には新…

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文824文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. もとをたどれば 鳥貴族 全品均一価格、成長の力に
  3. 強制性交等・監禁 県立病院の元看護師起訴 /福井
  4. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  5. 司法試験 最年少合格は慶大1年生「周りの人たちへ感謝」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです