メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

大相撲と「女人禁制」 伝統だけでは通用しない

 大相撲で女性を土俵に上げない「女人禁制」の是非が議論を呼んでいる。

     京都府舞鶴市での巡業で、救命のため土俵に上がった女性に「下りてください」と若手行司が促した不適切な対応がきっかけだ。

     日本相撲協会は春巡業から、力士が子供に稽古(けいこ)をつける「ちびっこ相撲」への女児の参加も拒んでいる。

     女児のけがが目立つため、安全上の観点から参加を認めないことにしたと、協会は説明した。だが、安全性は参加する子供全員に配慮すべきだ。女児を外すことで確保するという理屈に説得力はない。

     もとより「ちびっこ相撲」は稽古というより触れ合いの意味合いが強い。力士と同じ土俵に立ち、押したり組み合ったりすることは、大相撲を身近に感じる貴重な機会となる。

     まして協会は、「相撲道普及に努めるとともに、全国の子供たちに夢を与える」ことを巡業の目的に掲げている。女児を参加させない判断は目的に背き、ファンを相撲から遠ざける行為に当たらないか。

     また、兵庫県宝塚市の女性市長が、巡業で男性と同じく土俵に立ってあいさつをしたいと要望した際、協会は「伝統」を理由に断った。

     夏巡業が予定されている大津市の女性市長は「(大相撲は)国技とされる公共性の高いスポーツで、男女平等が求められる」と指摘した。土俵下からあいさつを求められた場合は辞退すると表明した。

     土俵が女人禁制になったのは明治時代ともいわれ、協会は女性を土俵に上げないことを「伝統」と説明してきた。

     大相撲の本場所や巡業は、ファンなど多くの人が参加して成り立っている。土俵上での表彰やあいさつも支援する人々による儀式である。

     相撲界が、男女平等の価値観が根付いている一般社会と隔絶して存在できない以上、あいさつまで拒むというのでは時代にそぐわない。

     協会は過去にも、外国人力士に門戸を開くなど時代の変化に対応してきた。そうした変革が大相撲にまた新たな活力を生み出してきた。

     今週末、協会は「土俵と女性」を議題にした臨時理事会を開く。見直すべきは見直す柔軟さが求められている。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
    2. 高校野球 仙台育英・佐々木前監督が学法石川監督に
    3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
    4. 那須烏山 「那須ニコン」工場で爆発 3人負傷情報
    5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです