メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中

貿易戦争回避探る 対立点多く難航の恐れ 高官協議へ

 【ニューヨーク清水憲司、北京・赤間清広】米国と中国の貿易摩擦をめぐる本格交渉が近く始まる見通しだ。トランプ米大統領は24日、ムニューシン財務長官とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表を北京に派遣すると表明。米側は中国が知的財産権侵害や貿易不均衡の是正につながる対応策を示せば、制裁措置の発動を見送る考えも示しており、中国は交渉に期待を掛けている。ただ、両国の対立点は多く、協議は難航しそうだ。

 トランプ政権は3月下旬、中国などを対象に鉄鋼・アルミニウム製品の輸入制限を発動。さらに、米企業への…

この記事は有料記事です。

残り719文字(全文969文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  3. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
  4. 唐沢寿明 “充電旅”再び! 出川哲朗と軽井沢へ きょう放送
  5. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです