メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

開かれた新聞委員会

2018 座談会(その1) 安倍1強の弊害噴出

吉永みち子氏

 森友学園問題での決裁文書改ざんに続き、加計学園を巡る「首相案件」文書、防衛省によるイラク日報隠しが発覚しました。安倍長期政権の下で次々に明らかになる不祥事。「開かれた新聞委員会」で、この間の報道を振り返り、どのように報じていくべきか議論しました。【司会は照山哲史「開かれた新聞委員会」事務局長、写真は長谷川直亮】(座談会は4月20日開催。東京本社発行の最終版を基にしました)

この記事は有料記事です。

残り4155文字(全文4343文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです