メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

+2℃の世界

温暖化に「適応」する未来 世界の課題、地域で取り組みを 三村信男・茨城大学長に聞く

 地球温暖化の適応策研究の第一人者、三村信男・茨城大学長に、今後の対策の進め方などについて聞いた。

 温暖化対策といえば「温室効果ガス削減」というイメージが強い。しかし、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書は1990年代から、削減だけでなく悪影響に備える「適応」の両方が必要だと警鐘を鳴らしてきた。それでも、当初は適応は途上国での対策と捉えられがちだったが、2000年代以降、先進国でも温暖化が関係しているとされる気象災害が増え、いまや世界的に適応が緊急の課題になっている。

 国際政治の動きも加速し、07年の主要国首脳会議では、温暖化対策を真剣に検討することで合意した。15…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文703文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 福岡市 ロープウエー構想 博多港WF→博多駅→須崎公園
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです