メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消えない傷

性的虐待に遭って 反響特集/下 冷静に耳傾けて 日本子ども虐待防止学会・山本恒雄副理事長の話

 子供たちは「何かおかしい」と思っていても、誰に相談するか悩んでいます。勇気を振りしぼって、遠回しに被害を告白する子も少なくありません。性に関する気になる話をされたら、被害のサインの可能性があります。「どうしたの?」「何かあったの?」と声をかけ、話に耳を傾けましょう。

 聞き方は、淡々と冷静に。「はい」「いい…

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文324文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. アメフット 日大以外の関東15大学が共同宣言
  3. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  4. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  5. アメリカンフットボール 悪質反則 「監督指示」 日大選手主張へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]