メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認知症

国際会議から1年 経験生かす取り組みも

DFJI共同代表理事の徳田雄人さん=東京都小金井市で2018年4月20日午後4時28分、野口由紀撮影

ネットで地域の先進事例を紹介

 昨年4月に京都市であった認知症についての世界最大の大会「第32回国際アルツハイマー病協会(ADI)国際会議」から26日で1年。大会の経験を生かす取り組みも生まれている。大会でワークショップを開いたグループの男性は、国内100カ所を目標に、地域での先進的な取り組みをネット上で紹介する活動を始めた。掲載希望の地域や団体を募集している。男性は「会議で他の取り組みを知ることの大切さが分かった」と語る。

 男性は、一般社団法人「認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ」(DFJI、東京都)の共同代表理事…

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文988文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです