メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認知症

国際会議から1年 経験生かす取り組みも

DFJI共同代表理事の徳田雄人さん=東京都小金井市で2018年4月20日午後4時28分、野口由紀撮影

ネットで地域の先進事例を紹介

 昨年4月に京都市であった認知症についての世界最大の大会「第32回国際アルツハイマー病協会(ADI)国際会議」から26日で1年。大会の経験を生かす取り組みも生まれている。大会でワークショップを開いたグループの男性は、国内100カ所を目標に、地域での先進的な取り組みをネット上で紹介する活動を始めた。掲載希望の地域や団体を募集している。男性は「会議で他の取り組みを知ることの大切さが分かった」と語る。

 男性は、一般社団法人「認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ」(DFJI、東京都)の共同代表理事…

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文988文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 大相撲秋場所 さらばロシアの巨漢 大露羅、引退を表明
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです