メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

代替わりへ

平成あと1年/3 公務の継承に備え

春の園遊会に出席された皇太子ご夫妻=東京・元赤坂の赤坂御苑で25日、佐々木順一撮影

 今年3月、ブラジルの首都ブラジリア。水を巡る問題を話し合う国際会議「世界水フォーラム」に出席された皇太子さまは、現地で記者に囲まれ、「水問題を解決することが平和につながるという、最近の世界の動きを肌で感じました」と熱っぽく語った。

 皇太子さまは2月の58歳の誕生日に合わせた記者会見で次代の象徴天皇の在り方を尋ねられ、「社会の新しい要請に応えていくことは大切なこと」と述べた。これまでに「時代に即した新しい公務」として示されたテーマには、災害や貧困、環境に関わってくる水の問題▽子供と高齢者を巡る問題▽外国との友好親善▽国内の産業や技術の進展--がある。このうちライフワークとも言えるのが水問題の解決に向けた取り組みで、米ニューヨークの国連本部でスピーチをした経験も持つ。

 公務の継承にも熱心な取り組みを続けてきた。皇太子さまは、昭和天皇が逝去した1989年1月から皇位継…

この記事は有料記事です。

残り790文字(全文1177文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです