メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

日仏「核」外交の力量は=西川恵

 <kin-gon>

 トランプ米大統領と最も近しい関係をもつ安倍晋三首相とフランスのマクロン大統領。この2人が期せずして相次ぎ訪米した。最大のテーマはそれぞれ北朝鮮とイランの核問題だった。

 安倍首相が4日間(4月17~20日)の訪米から帰国するのと入れ違いに、マクロン大統領が訪米(23~25日)した。安倍首相は北朝鮮の核をめぐる情勢の急展開に急きょ訪米を決め、仏大統領はトランプ大統領の国賓第1号としての訪問だった。

 日仏両首脳の対トランプ・アプローチはよく似ている。ひとことで建設的関与だ。批判し、対立するのではな…

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文1011文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球 福原愛が現役引退を表明 自身のブログで
  2. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  3. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  4. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  5. 卓球 福原愛さん引退 中国、台湾でも高い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです