メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外愛媛文書 首相が否定「指摘の日会ったことない」
金言

日仏「核」外交の力量は=西川恵

 <kin-gon>

 トランプ米大統領と最も近しい関係をもつ安倍晋三首相とフランスのマクロン大統領。この2人が期せずして相次ぎ訪米した。最大のテーマはそれぞれ北朝鮮とイランの核問題だった。

 安倍首相が4日間(4月17~20日)の訪米から帰国するのと入れ違いに、マクロン大統領が訪米(23~25日)した。安倍首相は北朝鮮の核をめぐる情勢の急展開に急きょ訪米を決め、仏大統領はトランプ大統領の国賓第1号としての訪問だった。

 日仏両首脳の対トランプ・アプローチはよく似ている。ひとことで建設的関与だ。批判し、対立するのではな…

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文1011文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. 大阪重機事故 てんかんで事故歴 勤務先管理者の立件検討
  3. 皇室 両陛下の肖像画が完成 即位後は初、等身大
  4. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  5. 高橋・狛江市長 セクハラ疑惑 市確認、本人は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]