メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仮想通貨流出

コインチェック事件3カ月 進む再編 金融庁監視、環境改善へ

 仮想通貨交換業大手コインチェックで、仮想通貨「NEM(ネム)」約580億円分が不正流出した事件の発生から26日で3カ月がたった。ずさんな管理体制が露呈したことで、金融庁は監督を厳格化。業界は淘汰(とうた)・再編の動きが進む。一方、事件の捜査は難航しており、利用者が安心して取引できる環境整備は道半ばだ。

 「初めて登録業者によって、これだけの資料が作られました」

この記事は有料記事です。

残り1658文字(全文1839文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  4. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  5. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです