メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

お天気なるほドリ

気象予報の提供は誰でもできるの?=回答・池田知広

人命にも関わるので気象庁の許可が必要

 なるほドリ 気象予報の提供って誰がしてもいいの?

 記者 人命にも関わるのでダメ。気象業務法に基づいた気象庁の許可(きょか)が必要です。気温や雨量、風力など、根拠(こんきょ)もなく無秩序(むちつじょ)に発表されると社会が混乱(こんらん)します。

 Q 許可をもらうため何が必要なの?

 A 予報に必要な観測(かんそく)データをきちんと集められるかどうか、気象予報士の国家試験(しけん)…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文553文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. くらしナビ・ライフスタイル 「光コラボ」契約に注意 トラブル後絶たず 相談半数が60歳以上
  2. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  3. 税制改正大綱 未婚親支援、調整難航
  4. 社説 河野外相の記者会見発言 「次の質問」という傲慢さ
  5. 生保契約トラブル 無理な勧誘、高齢者に続発

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです