メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア支援会合

20年までに8500億円拠出表明

シリア支援を話し合う国際会合で記者会見する人権問題担当のローコック国連事務次長(左)ら=ブリュッセルで2018年4月25日、ロイター

国連の必要額に及ばず にじむ国際社会の「支援疲れ」

 【ブリュッセル八田浩輔】内戦が続くシリアの住民や難民への支援について話し合う閣僚級の国際会合がブリュッセルで25日まで2日間の日程で行われ、参加した80以上の国と国際機関は2020年までに総額78億ドル(約8500億円)を拠出することを表明した。しかし人道支援のために国連が必要とする額には及ばず、内戦長期化による国際社会の「支援疲れ」もにじむ。

 シリアでは8年目に入った内戦の影響で560万人が国外に逃れ、国内でも医療や食料など緊急支援を必要と…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役
  2. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  3. 大阪・岸和田で工場火災 8棟約2600平米焼く けが人なし
  4. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  5. 全国高校eスポーツ選手権 大黒柱はLOL初の高校生プロゲーマー 初代王者狙う学芸大付国際

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです